元祖ペニス増大サプリとも言えるゼファルリンと、人気急上昇中のヴィトックスを徹底比較。

ヴィトックス ゼファルリン

どちらもペニス増大効果には定評があるものの、やっぱり試すなら”より効果的”な方を使ってみたいですよね。

今回調べた結果、ペニス増大効果が高いのはヴィトックスでした。

その理由をお話しします。

ヴィトックスとゼファルリン「成分で比較」

①ゼファルリンの成分は?

ゼファルリンはそもそも2つの錠剤からなる増大サプリです。配合される成分も分かれていて、1つにシトルリン。もう1つにトリプトファンが含まれています。この2つの成分を分けて配合することで、ペニス増大効果だけでなく勃起力の向上や硬さの強化にもつながるように作られています。

②ヴィトックスの成分は?

ヴィトックスに配合されている成分はシトルリンを始め、アルギニン・亜鉛・アカガウクルア・マカなど、全部で100種類以上にもなります。多数の成分をバランスよく配合することで、ペニス増大効果+勃起力改善+持続力の向上などの相乗効果まで期待できます。
ヴィトックス 成分

しかも現在のヴィトックスは改良版なので従来のヴィトックスに比べてシトルリン配合量が2倍に!さらにレスベラトロールも配合されたことで身体がもつ能力をさらに活性化させる効果も付加されました。

3ヶ月以上続けた人たちのペニス増大結果でも違いが現れています。

ヴィトックスとゼファルリン「効果で比較」

ヴィトックス、ゼファルリンの両者において効果の出方が変わってきたのは2ヶ月目からでした。飲み始めて1ヶ月目はどちらも大きな変化はありません。

その2ヶ月目からの変化ですが、
ゼファルリン使用者→サイズアップ量は0.2センチほど。ただし2ヶ月目に入っても効果を感じない人も少数ながらいました。

ヴィトックス使用者→サイズアップ量は0.4-2.0センチほど。使用者のほとんどがペニス増大効果を実感しています。増大量に差があるものの、ゼファルリンに比べアベレージの高い結果になりました。

3ヶ月経過~
ゼファルリンを3ヶ月飲み続けた場合の増大量平均は2.0センチ。対してヴィトックスを飲んで増大した平均値は3.6センチでした。

ゼファルリンとヴィトックスにおいて3ヶ月目までの効果と成分を見てきましたが、最終的にヴィトックスの方が秀逸という結果になりました。

あくまで検証の結果なので、個人差はありますがどっちにしようか決めきれない場合は平均的に効果の高かったヴィトックスをおすすめします。

とにかく続けることが大切なので、最低3ヶ月の継続が推奨されています。今ならヴィトックスの公式サイトでまとめ買い3箱なら42%OFF&+1箱キャンペーンをやっているので狙い目ですよ!

→ヴィトックスをキャンペーン価格で!公式サイトはこちら

増大サプリって大丈夫?安全性を見直してみた件

増大サプリの安全性については、国内製造のものであれば心配する必要はありません。

厳しい検査基準を満たした工場で製造されているので安心なんですね。

国内での販売実績がある有名な増大サプリであればなおさら安心です。

  • 飲み方を間違えた
  • その他の医薬品と一緒に飲んでしまった
  • 効果を急ぎすぎるあまり過剰摂取する

ようなことをしない限りは副作用などはありません。

増大サプリの購入で唯一気をつける必要があるのは、海外から個人輸入で購入する場合です。

まず第一に、正規品・本物が届く保証は無いということ。

増大サプリではないですが、私は実際に海外から商品を輸入したことがあります。

サプリではなく日用品などでしたが、品違いなど日常茶飯事で、悪意は無いのかもしれませんが、総じて「いいかげん」な印象を受けました。

そして海外の増大サプリを輸入する場合は、その成分にも注意が必要です。

海外で製造されたサプリなので日本で認可されていないモノだったり成分が入っていたりすることも。

日本人向けに作られていないので日本人の代謝機能を上回る量の成分で構成されている可能性だってあります。

仮に成分を代謝・吸収しきれずに蓄積してしまえば、どんな弊害を誘発するかわかりません。

「飲んだけど効果がなかった」というだけならいいですが、自身の体に健康被害が出てしまってはどうしようもありません。

私個人としては海外から増大サプリを輸入するのはリスクが高いのでおすすめしません。

逆に日本国内で製造された増大サプリであれば、それこそ過剰摂取・医薬品と併用などをしない限りは安全と言えます。
この点だけは必ず守るようにして下さい。

医薬品・薬を飲んでいる人で特に注意が必要なのは、降圧剤などを処方されている方です。

ペニス増大サプリには血行を促進させる成分が多く含まれています。

もし降圧剤など飲まれている状態で増大サプリも併用してしまうと、成分が相殺しあって効果をなくしてしまう可能性があります。

最悪の場合はどんな弊害がでるかわかりません。

また過剰摂取が常態化してしまった場合、ミネラルの吸収に支障をきたし「欠乏症」になってしまうリスクもあります。

ただ、多くの場合は摂取しすぎた成分が体外に排出されるだけですみますので、「1日10粒を毎日飲んだ!」というような過剰な摂取をしなければ大丈夫です。

増大サプリの安全性については、上記2点「製造・販売元」と「飲み方」に気をつけていれば安心・安全なので、覚えておいてくださいね

ヴィトックスって太さも変わる?ペニス増大サプリの真価を問う

ヴィトックスの増大効果はペニスの長さに注目されがちですが、実は太さにも作用することがわかっています。

ここでペニス増大の太さについて興味深い口コミがあったので紹介します。

「ひたすら半年間ヴィトックスを飲んでみた件」2chより
「チントレやら特別なことはなにもしないで、ただヴィトックスを飲み続けてみたら長さよりも太さの方がデカくなった。どこか一部とかじゃなく、全体的にボテっとした重量感と存在感!しかも亀頭までガチガチに張るようになって感動」

ヴィトックス

2chといえば悪評や批判的な口コミが多いので知られていますが、こんな口コミがあること自体に驚きました。

これは従来のヴィトックスについての口コミなので、進化版の最新ヴィトックスはシトルリン量が2倍になってレスベラトロールまで追加されたらもっと・・・!!

これは心強い口コミです。

ヴィトックスがどうして長年にわたり人気No.1でいられるのか?

その理由は3ヶ月、4ヶ月~と続けるほどに長さも太さにも効果を体感できているから。

ヴィトックス飲んだけど効果なかったよ。なんて人はほぼ1ヶ月でやめています。
だからこそまずは3ヶ月だけ続けて飲んでほしいんです。

1ヶ月でやめるとかもったいないんです。

続けてさえいれば上の口コミのように変化を実感することができるんです。

「継続はチカラなり」とはまさにこのこと。

「チンコなんて長ければいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、太さも硬さも両方大事。

海外の女性から日本人男性のペニスが人気!という話を聞いたことがありますが、その理由は「硬さ」だそうです。

海外の男性はとにかく長い・デカイという印象ですが、ソーセージのように柔らかいんだそう。

そこへいくと日本人男性はガチガチという表現がよく似合う硬さになります。

つまり長さだけじゃなく太さや硬さも大切なんですね。

※男性からしても、「めちゃくちゃ締まるけど半分も入らない女性器」は嫌ですよね?深さも締まりも良い方がいい。ペニスだって同じです。

ここは重要!増大サプリで押さえておくべき成分とは

ペニス増大サプリを検討する上で最も重要なのは成分。

そして配合されている成分の量です。これは成分の種類だけじゃなくて、量ですね。

一般的に増大サプリに配合される成分にはアミノ酸系のアルギニン・シトルリン。
マムシ・サソリなどなど動物系や、植物系の高麗人参・クラチャイダムやマカなどがあります。

これらの成分が支え合って増大効果を引き出しているのですが、多ければ多いほど良い!というわけにもいかないのです。

ほぼ一定のサイズで作られているサプリはカプセルや錠剤が普通です。

ということは含める容量にも限界がありますよね。

つまり配合される成分の種類が多ければ、それだけ1つの成分量が少なくなることになります。

ここで重要なのは、ペニス増大に効果を発揮する成分が「どれくらい含まれているか?」ということです。

ペニス増大に効果のある成分は主に2つ。

シトルリンとアルギニンに二分されます。

このシトルリンとアルギニンは最初にもお伝えしたアミノ酸なんですが、血流量の向上に大いに貢献してくれる成分なんですね。

ペニス増大には血行促進あるのみ!と言っても過言ではないほど、血流のアップは大切です。

できるかぎり血流量を増やして海綿体に送り込む血液を増やすことでペニス増大が可能になります。

そのペニス増大のメカニズムは、まずアルギニンが一酸化窒素を発生させます。

すると血管は酸素をより多く運搬しようとするため、血管を広げることで血流がアップするのです。

ただ、免疫機能の改善・向上や成長ホルモンの分泌促進などにも作用するので、増大に直接効果があるのはアルギニン摂取量の一部になってしまうんです。

そこを補うのがシトルリン。

ここでシトルリンが一酸化窒素を生成してくれるアルギニンに変換。

さらに血流の向上を後押ししてくれる存在なのです。

ペニス増大サプリについて他に注目すべき成分はというと、植物系・動物系の成分になります。

血流アップのみでなく、健康面・ホルモン補充などの様々な効力を発揮してくれます。

サプリにおいてもバランスよく摂取できることが望ましいのです。

まとめると、アルギニンやシトルリンをメイン成分として配合し、それを補う形で植物系・動物系の成分を配合しているサプリが理想です。

ペニス増大の最重要課題はペニスの海綿体細胞へ送る血流量を上げること。

これができて初めて増大効果を見込めます。

つまり男性の精力アップの成分も含んでいる方が効率的にペニス増大を実現できるということなんですね。

増大だけでなく勃起力や性欲向上、体力などを補強してくれる成分が入っていることでより大きな効果を見込めるのです。

ペニス増大を図る場合のサプリ選びには

・シトルリン
・アルギニン

この両者の配合量をベースに考えるといいでしょう。

理想は、植物系や動物系の成分も配合しているとなお良しです。

※ペニス増大サプリには成分量の詳細を明記していないこともありますが、ベース成分として謳われているものであれば、他の成分より多く配合されている場合がほとんどです。

シトルリンやアルギニンの効果を全面に出している増大サプリであれば、ほぼ間違いありません。

さらに精力のアップについても記述があれば言うことなしの増大サプリということです。

→人気NO.1増大サプリ!ヴィトックスの詳細はこちら