ヴィトックスをやめたらペニスは元の大きさに戻ってしまうのでしょうか?
ヴィトックスをやめたらどうなるのか?
維持するために飲み続けないといけないのか?
と誰もが気になる疑問点を調べてみました!

ヴィトックス

ヴィトックスを飲むことで「ペニスが大きくなった」とその効果を実感してる方が多いですよね。

でも反対に気になるのが

ヴィトックスをやめたらどうなるのか?

やめると元の大きさに戻ってしまうのか?

ずっと飲み続けないと大きさを維持できないのか?

といった点ではないでしょうか。

あなたもダイエットした経験があると思いますが、食事やカロリー制限、適度な運動を行いやっと痩せれた!と安心してそれらをやめてしまうことで元の体型に戻ってしまった…という残念な結果になったことってありますよね。

同じように「ヴィトックスもやめたら元に戻ってしまうんじゃないの?」と気になるところです。

でも安心してください!

ヴィトックスは飲むのをやめても大きくなったペニスは元に戻ることはありません。

その理由は海綿体などの細胞そのものが大きくなっているからです。

よくある一時的に血流をよくしてペニスを大きくするものとは根本的に違うので、飲むのをやめても元に戻ることはないのです。

これって体の成長と同じで、成長期に骨が大きくなることによって体は成長していきますが、一度大きくなった体が極端に小さくなることはありませんよね。

一度大きくなったペニスも同じで、ヴィトックスを飲む前の大きさに戻ることはありません。

ヴィトックスをやめたら元に戻るということはないので覚えておいてくださいね。

ただし、注意点があります。

ヴィトックスをやめても元に戻らないので大きくなりすぎないようにしないといけません。

「大きい方がいいじゃない」と思い、大きくしすぎると後々大変なことになってしまいます。

そんなことにならないように、

あなたが納得のいく大きさになったら飲むのをやめる

ということを忘れないでください。

また、飲むのをやめる場合覚えておいてほしいのがヴィトックスにはサソリやマムシ、スッポンやマカといった精力剤にも入っている成分が含まれているということ。

このことによって、

  • 毎晩したいぐらい性欲があった
  • 射精時の量が増えていた
  • 何回も楽しめるぐらい持続力がアップしていた

と感じられている方も多いですが、飲むのをやめてしまうことで精力剤としての効果は感じにくくなってしまうかもしれません。

これは薬局やドラッグストアで売っている一般的な精力剤や有名なバイアグラでも同じで飲んだときだけ効果があり、時間が経つとともに効果は薄れ、飲まなくなると効果は得れないということなんです。

なので、ヴィトックスを精力剤代わりにも使っていた方にとっては「ヴィトックスをやめたら元に戻った」と感じられるのかもしれません。

ヴィトックスを飲む一番の理由はペニスを大きくすることですよね。

ペニスの大きさは飲むのをやめたからといって元に戻ることはありませんので安心してください。

また、元に戻らないゆえにペニスの大きさチェックはこまめにしていきましょう。

そうすることであなたが目指す大きさのペニスを手に入れることができますよ。

⇒先着500名限定でもう1箱もらえる!【ヴィトックス】の正規販売店はこちらから

ヴィトックスを飲むならお酒・タバコにも注意が必要!

ヴィトックス アルコール

ヴィトックスを飲むとペニスが大きくなると話題ですが、飲んだからといってすぐに大きくなるワケではありません。

サプリメントゆえに飲み続けていくことで少しづつ大きくなってものですが、効果の有無は使い方や生活習慣によって違いがでてきます。

その中でも大きく影響を及ぼすものとして、お酒とタバコがあります。

そもそもヴィトックスは血行を良くしてペニスを大きくするタイプのものですが、お酒やタバコはその血行を悪くしてしまうからです。

そのような理由でヴィトックスとお酒・タバコの相性はあまりよくないんですよね。

お酒を飲んだら血行がよくなるイメージがありますが、これは飲んでいるときや飲んだ直後だけであくまで一時的なもの。

アルコールが血液の中から抜けるときに水分まで抜けてしまい、その結果血管が収縮してしまうので血行が悪くなってしまいます。

さらにお酒のよくない点はトイレの回数が増えてしまうところ。

トイレで水分を排出するときにヴィトックスから摂取した成分まで一緒にでてしまうことになるので、効果も薄まってしまいます。

ヴィトックス 煙草

タバコにおいてはニコチンが血管を収縮させてしまい、血行を悪くしてしまいます。

血行が悪くなると肝心のペニスに血が届きにくくなってしまい、ペニスの成長にも影響がでてしまうんですね。

また、ペニスが大きくなったあとでも血行が悪くなってしまうと勃起したときの硬さや持続力などにも影響があり、その結果ペニスが小さくなった・弱くなったと感じてしまうこともあります。

なので、お酒・タバコは極力控えた方がいいんですよね。

とは言え、いきなりお酒やタバコをやめるのは中々難しいかと思います。

ですので、最初はやめるのではなく少しづつでいいので、お酒の飲む量・タバコの吸う量を減らしていくことからやってみてください。

そうする理由は、

  • 飲めないことによるストレス
  • 禁煙によるストレス

といったストレスを軽減するためです。

あなたもご存知かと思いますが、ストレスがかかると勃起しにくくなるんですよね。

そうなるとペニスへの血行も悪くなり、効果も薄まってしまうんです。

そんなことにならないようにヴィトックスを飲み始めたり、ペニスが大きくなったあとはお酒やタバコの量を意識し、またストレスを溜めないようにしていってくださいね。

ヴィトックスは早漏・中折れの悩みにも効く!?

ヴィトックスはペニスの大きさや勃起力・精力のアップに効果的なサプリメント。

ヴィトックス

でも、それだけじゃなく早漏・中折れといった悩みにも効果が期待できるサプリメントなんです。

また、精力剤として利用している方もいるぐらいでネットの口コミでも50代の男性が「衰えていた精力が戻ってきた」と効果を実感している方もいるぐらいです。

そんなヴィトックス、年齢に関係なく効果が期待できるサプリメントですが、効果を実感するまでの期間は各個人によって差があります。

ネットの口コミでも早い方は1ヶ月で実感していますが、遅い方だと6ヶ月ぐらい飲んでやっと効果を実感したという方も。

体質によっては効果を実感するまでに期間が必要な場合もあるので、最低でも3ヶ月程度は飲み続けるようにしましょう。

また、早漏や中折れで悩んでいる方はヴィトックスを飲むだけではなく、原因の可能性のひとつ「生活習慣」を見直すことも必要不可欠。

まず、早漏や中折れの原因のひとつに自律神経の働きが密接に関わっているんですね。

自律神経には、

  • 交感神経
  • 副交感神経

の2つがあり、交感神経は緊張状態や興奮状態のときに活発になり、副交感神経はリラックス状態のときに活発になります。

交感神経が活発なときに射精しやすくなり、副交感神経が活発なときは勃起した状態を維持しやすくなっています。

なので、早漏や中折れになってしまうときは交感神経が活発になっている状態なんですね。

早漏や中折れを改善するにはこの自律神経を正常な状態にすることによって改善する場合もあります。

自律神経を正常にするには生活習慣を見直すことも必要。

  • 睡眠が足りていない
  • ストレスを感じることが多い
  • 疲れが溜まっている

このような状態のときは交感神経が活発になっていて、早漏や中折れになりやすい状態なってしまっています。

そうならないためには、

質の高い睡眠を取る

ストレス発散を心がける

といったことを意識していくことで、自律神経を正常な状態に持っていくことができます。

また、

「自分は早漏だから…」
「途中で中折れしたらどうしよう…」

といったプレッシャーを感じてしまうことで交感神経が活発になり、悪循環になってしまっていることも。

そんなときはヴィトックスを飲むことで「飲んでいるから安心」と気持ちに余裕を持つこともできます。

気持ちに余裕があるだけでリラックスした状態になりやすく、早漏や中折れもしにくくなりますよ。

ただし、1点注意!

ヴィトックスには勃起不全(ED)を改善する効果は一切ありません。

勃起不全(ED)で悩んでいる方は病院やクリニックの医師に相談してください。

⇒【ヴィトックス】の正規販売店はこちら